2018.05.04更新

学校健診の有効利用について

新学期が始まりました。この時期には、歯科、内科や眼科の学校健診も始まります。
 最近の学校歯科健診結果の通知は、お父さんやお母さんが子どもの頃と違っていることにお気づきでしょうか。
 まず、むし歯の数は記載されず「むし歯がありました」となっています。
 学校歯科健診などの集団健診では、児童生徒のむし歯などの疾患の有無を診査することにより処置や指導を要するに者を選定するスクリーニング検査が大きな目的です。 むし歯の数や進行度は、レントゲン検査などの出来る歯科診療所でおこなうことが望ましいと思います。
 次に、「歯肉に炎症がありました」、「歯並びや咬み合わせのことで相談してください」や「顎の関節に異常が見られますので相談してください」などの項目が見られます。
これまでの学校歯科保健では、むし歯の処置やその予防に重きを置いていましたが、平成7年より「歯を支えている組織である歯肉などに異常が無いか」、栄養摂取や脳へ刺激に影響を与える「咬み合わせや顎の異常が無いか」などの歯と口の健康とその機能を重視し、児童生徒の健康増進を考えるようになりました。
しかし、歯科の他、内科や眼科などの学校健診結果が疾病治療勧告以外に有効に活用されているでしょうか。
私は、スポーツの部活を行っている中・高生のメディカルチェックに学校健診は有用ではないかと考えます。学生スポーツは、心と身体を見つめ、生涯にわたる健康の保持増進を図る基礎をつくることが大きな目的であると思います。
そこで、学校健診結果に異常があった場合には、速やかにかかりつけ医を受診受療し、健康を取り戻し部活動に復帰してください。
しかし、中・高生の中にはチーム内の自分のポジションを守るために学校健診の結果に異常があっても適切な処置を受けずに取り返しのつかない状態まで悪化してはないでしょうか?
 中・高生のご父母はもちろんですが、スポーツ指導者の皆さんにも学校健診の結果をご覧いただき、21世紀を担う児童生徒の将来が健康で豊かなものにしたいものです。

 

投稿者: 湖城歯科クリニック

最近のブログ記事

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

staff staff blog