むし歯になる理由

むし歯ってなに?

むし歯とは、いくつかの要因で歯のエナメル質が溶け出してしまうことにより生じます。
このウェブサイトをご覧になられている方は、現段階で口腔内に何らかの違和感や、すでに通院している歯科医院がある、口腔トラブルはないが、以前はむし歯治療を経験したことがある。そのような方々がほとんどではないでしょうか?

「むし歯」は、むし歯菌がつくる”酸”によってエナメル質の表層を溶かした状態から始まり、その進行度合いをC0~C4 までの5つの段階にわけて診断してます。

下記の表を基にご自身の状態をチェックしてみましょう。

C0

初期むし歯の状態です。まだ歯に穴は開いていません。フッ素やキシリトールを使って、歯を再石灰化させ、元の状態に近づけることができます。

C1

歯の表層のエナメル質にだけ穴が空いた状態です。この段階では痛みはありません。放置すると進行してしまうので注意が必要です。この時点で治療を開始すれば最小限で済みます。

C2

C1より進行し、エナメル質の下にある象牙質にまで達したむし歯です。まだ神経にまで達していないので、強い痛みはないものの、冷水などで時に痛みを感じます。この段階では、削って治療することが必須となります。

C3

むし歯が神経に達して炎症を起こした状態です。歯根膜にまで炎症が起こることもあります。痛みを伴うだけでなく、時に化膿して腫れてしまう場合もあります。

C4

最悪の状態です。神経が死んでしまった状態なので痛みはないですが、神経を取り数回の根管治療(消毒)が必要になります。抜歯が避けられないケースもあります。

如何でしたでしょうか?
『私C2かも!』と思う方もいれば、すでにC4の段階を経験した方もいらっしゃるかと思います。

上記の表から感じ取って頂きたいのは、歯に穴が開いて、“痛みがでたらむし歯”だと思っている方が大多数かと思いますが、実際は"痛みがでる前からむし歯の状態である"という事です。

歯は、上記図の"どの段階において受診するのか?"によっては、それ以上の悪化を抑えることが可能です。

一度削ってしまった歯は再生させることはできません。
極端な話、失った歯は二度とは戻らないのです。

ご覧になられている方々の中で、本当に『歯を失いたくない方』は気付いた段階で治療する事を意識し、知識を取り入れ、状況によっては予防歯科を実践することが必要です。

これまでは「歯医者は歯が痛くなってから通う」でした。
しかし、これからは「むし歯にしないために歯医者には定期的に通う」という事が重要になります。

本サイト以外でも構いませんので、予防歯科の知識をしっかり理解・実践し、健康生活を送るために歯を大切になさるステップを踏んで頂ければ幸いです。

むし歯の原因・キッカケ

皆様は『pH(ペーハー)』という言葉をご存じですか?
一般的にpHとは、"物質がアルカリ性か酸性か?"を測る基準となる単位です。

そこで、"歯垢の酸性度"をpHを使って表現してみますと、食事の後、お口の中では歯垢が形成され、その中のむし歯菌がつくる"酸"等によって酸性になります。

食事の前はpH6.8ですが、飲食後はpH4から5程度と数値が下がります。むし歯のキッカケとなる数値はpH5.7で臨界pHといいますが、pH5.7以下になると歯のエナメル質の結晶が溶け出し、これを脱灰(初期むし歯)といい、誰でも、毎食後、起こる現象で、『一日の内に何回も溶かされたり、元に戻ったりしている』という状態がお口の中で起こるのです。

pH値は食事の後ゆっくり1時間くらいかけて元のpH値へと戻っていきますが、頻回な飲食、歯磨きの不足、就寝前の飲食などで元の状態にうまく戻らない状態が続くと歯の脱灰現象が固定化されます。

歯の状態や個人差によって程度は違いますが、pH5.7以下の環境で歯が溶かされている時間が長いほどむし歯になりやすいというご理解を頂ければと思います。

それ故、一度歯科医院に通われたことがある方や、学校健診を受けた際に『定期的な歯磨きをしっかり』『食後は絶対歯磨き』、『間食は控えめに』、『歯磨きができなければ"うがい"だけでも』等のアドバイスを歯科医師や歯科衛生士より受けたことがあるかと思いますが、どのアドバイスも『むし歯菌が"酸"を作る前にその餌となる歯垢を取り除くことで脱灰状態を防ぐ』為のアドバイスとなるでしょう。

歯磨きだけではなくフロスの利用を勧められるのも、歯と歯の間に残った歯垢を除去し、その隙間で脱灰が起こるのを防ぐ為なのです。

むし歯になってしまったら

「むし歯かも」「歯が痛い」「しみる」等の症状を感じた場合は早急に歯科クリニックに行くことを強くお勧めします。
やはり、お口の中はご自身で見るのが難しいというのもありますが、専門知識を持った歯科医師・歯科衛生士の目で問題を発見し、対処を行った方が早い段階で痛みや違和感を解消できたり、それ以上の悪化を防ぐことができるからです。

ご自身の考えで『まだ、痛みを我慢できるから歯医者さんへは我慢できなくなってからでいいや~』と判断されている患者さんにも度々出会いますが、そのような判断は今は良くても、月日が経つほど"後悔"することになるでしょうから賢明ではないと思います。

むし歯は自然治癒することはありませんので、早めの受診が大切となります。

別ページもしくはブログで記載させて頂きますが、近年の研究結果では、お口の中の問題は"口腔内の問題で済む"ことはなく、肺炎や狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病等の全身的な他病気をも発生させるリスクがあると報告されております。

別サイト>>日本臨床歯周病学会『歯周病が全身に及ぼす影響』

ぜひ、次ページより『むし歯予防が必要な理由』をご一読頂き健康生活の一助にして頂ければと思っております。

staff staff blog