障がい者歯科

障がい者歯科をご存知ですか?

障がい者歯科では、身体的・発達的に障がいのあることで、上手に安全に診療を受けられない方が対象となります。
多くが、身体的・発達的な障がいや病気のために一般の歯科医院での歯科治療が受けられないという方々が対象となります。

湖城歯科クリニックでは、障がいの有無にかかわらず、どのような方であってもお口の中を清潔かつ適切な状態に保つことは欠かせないと考えております。

実際、障がいの特性によっては健常者同様の治療を安全に考慮して、歯科治療を施すことが難しかったりする場合があるのも現状です。その為、健常者も障がい者も同じ『口腔ケア』を施そうにも制限があったり、受け入れできない歯科医院があったりと歯がゆい思いをしてきました。しかし、障がいのある人もない人も健康づくりへのケアを受ける必要があると考えます。

そのようなことから
当クリニックでは、障がい児(者)に適切な歯科治療を提供できるよう、一般社団法人沖縄県歯科医師会が実施している、障害児(者)への歯科治療についての研修を受け、一人でも多くの方にご利用できるよう体制を整えました。

障がい児(者)治療の内容

湖城歯科クリニックでは、障がいのある方に簡単な治療や相談、定期健診を通じての口腔管理をすることが可能です。
しかし、障がいが重い方や、当院での設備ではフォローできないと判断した場合は南風原にある『沖縄県口腔保健医療センター』との連携、ご紹介をすることで円滑に対応ができるよう取り組んでおります。

その為当院ではまず初めに、患者さんそれぞれの障がいを理解することから始めております
これは同時に、保護者や介護者の方たちと十分な相互理解を共有することを基本にしております障がいのある方にとって、歯科治療を受けることは大変なことであるため、まずは、診療室、スタッフ、器具や治療に慣れてもらうなど少しずつステップアップしながら治療を進めます無理に治療を進めることは避け、場合によっては、その日は治療はせずに"空間に慣れてもらうだけ"という場合もあります。

また、絵カードや視覚支援カード、治療中の姿勢を保つためのクッションなどサポート用具を用いながら患者さんに少しでも「歯科治療が苦痛の少ないもの」と思って頂けるよう配慮し治療を進めております。

必要に応じ身体が不意に動き出さないようなコントロールを行うこともあります。

障がい児(者)歯科を行う理由

湖城歯科クリニックが障がい者歯科を行う理由は、障がいの有無に関わらず、誰にでも等しく治療を提供したいという思いと、定期的にケアすることで、むし歯や歯周病の予防ができるからです。
障がいのある方の中には、食べる機能に障がいがあるために、うまく噛んだり飲み込んだりすることが苦手な方がいます。そのような場合、上手に食べられないだけでなく、むせ・窒息や誤嚥性肺炎などの二次的な障がいをもたらしかねません。そのような危険を機能療法を通じて防ぐことができると考えています。

また、障がいのあるなしにかかわらずどのような方もその方らしく生きるためには適切な口腔ケアと支援が必要だと考えているからですそのため、一人ひとりの食べる機能の段階毎に指導を行い、発達をご家族の皆様と共にサポートできればと思い日々取り組んでおります。


摂食・嚥下機能を発達させることで、それぞれにあったその方なりの成長を応援していきたいと考えています。

今ご家族の中で口腔ケアでお困りの方がいらしゃいましたらお気軽にご相談下さい。
当クリニックが介入することで、ひとつでも、少しでもご家族並びに患者さんのご負担を軽減できたのならば幸いです。

staff staff blog